www.hudsonall.org
重量税は日本の自動車やアメ車という愛車の生産している国や電気自動車、ワゴン車等自動車のタイプも関係なく例えば、ミツビシやポルシェ、等でも納付しなくてはならない税のことをいいます。新車登録をする時、もしくは車検の時に払わなければいけないものになります。この税額は自動車の車重で決められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く異なる税ですので勘違いしないようにする必要があります。「自動車重量税は車の大きさによって」「自動車税とは自動車の排気量により」その金額が変わります。それで買取の時の扱いも変わりますから、注意しなければなりません。車を手放すときには支払い済みの金額がいくらあっても、その税金が還ってくるということはないのですが、一方で、自動車税の時は、支払った税金を査定額に乗っけてくれるというケースがあるものの重量税の場合は上乗せされることはなかなかないでしょう。重量税は、手放す際に支払った税金があるとはいえ中古車の買取専門店でその事実が材料になる場合はほとんどないのです。ですのでその次の支払い、要は次の車検まで待った上で手放すのが無駄は少ないです。中古車の買い取りの時は考慮されない重量税ですが、ある条件のケースでは返還されることもあるのです。それは車検が残存している車を廃車処理するケースです。要するに、廃車登録をすると、残っている期間に応じた金額が返ってきます。しかし、自動車の買い取りの場合はその中古車が廃車になるわけではないので返金されません。それから売却する車の名義を変更した場合や、盗難された時なども還付を受けることは不可能です。自動車重量税の残っている期間がある自動車を売ることはつまり車検期間がまだある中古車ということになります。その辺りを店側も考慮しますから重量税が残っていればそれなりに査定額があがることでしょう。当たり前ですが買取額は買取業者によって変わりますが車検がまだあるということを考慮していただければ売却する自動車の買取額からみるとそこまで損をするということもありません。