www.hudsonall.org
愛車の査定の要点として重要視されるひとつに走行距離があります。多くの場合走行距離というのはその車の耐用年数とされることもありますので、走行距離が長ければ長いほど査定にとってはマイナス要因とされます。普通は走行距離だけで見れば短いほうが自動車の査定額は上がりますが、そんなに詳しい目安はないので定められた線を引いて査定が行われます。こういったことは実際、中古車を中古車業者で下取りする時も重要視される売却額査定の重要な注意点です。例えば、普通車ですと年間走行距離10000kmを目安としてこの線を超えて走っているとマイナス査定の要因になるなどです。軽自動車ですと年間標準走行距離が8000kmがまた年数が経っているのに走行距離が短いとしても、査定額が高額になるとも一概には言えません。実際やるとたいへんよく分かりますが、車は定期的に乗ってあげることによっても状態を維持しますから、あまりにも距離を走っていない車であれば、故障のリスクが大きいと見られることもあるでしょう。もちろん自動車も同じことです。年式と走行距離についての査定のポイントは、年数と比べて適した距離を走っているかということです。そしてその自動車の年式も、中古車見積査定の大きな注意点です。十分理解しているという人がたくさんいると思いますが、普通は年式については新しい方が査定には高評価が出やすいのですが、稀にですがその年式に希少価値があるブランドは古い年式でも高値で査定されることもあります。同様車種で同一の年式でもその年にモデルチェンジや仕様変更などが発表されている場合はもちろん、それぞれの仕様によって買取額は異なります。同じ車の下取り額という場合でも状況により売却金額は変わってきます。