保険会社によって事故対応に隔たりがでるかといえばノーで

*** PR ***

  • 多くの車の保険の会社は親切丁寧と宣伝をしていますが事故を起こした際に完全にきちっと処置してくれるか気になります。

    特にコールセンターで入る通販型自動車保険と名付けられた実際の代理店を所有していない自動車保険会社では顔が見えないということも心配の材料となりそうです。

    だからといってダイレクト自動車保険と実際にある代理店を持つ自動車保険の会社の対応力にそれほど大きな差はないですし、ダイレクト型自動車保険のほうがコストが節減できる分月々の掛金が下げることができるので交通事故を起こさなければ月々の保険料を安くすることが可能なのです。

    それでは、保険会社によって事故対応に隔たりがでるかといえばノーではありません。

    その差は代理店型の自動車保険、通販型自動車保険という判断ではなく、各々の自動車保険に応じて事故の取扱いをする時刻や日にちが異なることが挙げられます。

    車の事故はどんな時に起こるか予測できませんので、事故受付はいつでも対処してくれるのは欠かせない条件で、さらに週末や夜中にその事故処置がきちんとされていることをチェックすることを忘れてはいけません。

    保険会社によっては四六時中事故の受付と言っていても受付時間が平日でなければ異なり切り上げられることもあるので確認が大事です。

    これとは別に、万が一を考えて自動車保険会社の事故処理拠点もきちんと調べておくことも重要です。

    たとえ自動車の保険会社でも事故処理拠点が足りなければ処理がすぐにされない場合もありますので家の近くに対応拠点があるかを事故処置の差を計る目安です。

    ある程度の大きさの車の保険会社は地域ごとに拠点があることが多くございますので事故が起きたときの対応も満足感も高くその状況でする事故対応にも正確に指示をくれると好評です。