「自動車重量税」と「自動車税」で

*** PR ***

  • 重量税という税金は、国産車やドイツ車という車の国や四輪駆動車、ステーションワゴン等自動車のタイプに例外なく、たとえばスズキやアウディ、等でも通常負担を必須とされている税です。ホワイトデーの寒いバイト

    新車を登録する場合、または車検に出す場合に支払いが発生する税金になります。引越し 家電

    その支払金額はクルマの車重で決まっています。http://xn--q9j2c8gqa2jqe1c5559a7jxb.com

    「自動車重量税」と「自動車税」では全く別の概念のためきちんと学んで勘違いしないようにしてください。糖ダウン

    「自動車重量税とは車のウエート毎に」「自動車税という税金は車の総排気量により」税額が変わってきます。ライザップ 札幌店

    そして売却する場合の扱いも変わりますので、注意しましょう。ミニマリスト

    自動車の売却の際には支払い済みの車の税金がいくら残っていても、その金額が戻ってくるということはないのです。クレア メールレディ

    一方自動車税であれば既に支払った税額を買取金額に上乗せしてくれるようなことがなくはないですが、重量税に関しては上乗せになるような事例はあまりないでしょう。

    重量税は自動車を売る際納付済みの額が残存しているからと言って車の専門店の方でその事実が材料になることはまずないと思います。

    ですので次回の支払い、つまり車検に出すまで処分を少し待ち査定に出すという方法がベストです。

    ですので次回の支払い、つまり車検に出すまで処分を少し待ち査定に出すという方法がベストです。

    中古車引き取りの時は考慮してもらえない重量税でもあるケースでしたら還ってくることもあります。

    というのは車検の効力が残っている自動車を廃車処理するケースです。

    抹消登録をした際に残っている車検期間に応じた金額が還付されます。

    ただ、中古車買取の場合はその中古車が廃車になるのとは違うので還付されません。

    また、所有車の名義の変更をしてしまった場合や盗難にあったケースなども返金してもらうことは不可能です。

    重量税が残っている愛車を売るイコール、要するに車検期間がまだある自動車ということになります。

    そういったことを買取側も計算に入れますから、重量税の残存期間があれば、売却額が上がることでしょう。

    当然、売却額は店舗により違ってきますが車検期間が残っている事実が考慮されれば売却する自動車の買取額と比べるとそんなに損をするということもありません。